失敗して行きたくないのは恥ずかしいからで、身勝手な思いです

みんなのバイトの失敗談

HOME > 失敗して行きたくないのは恥ずかしいからで、身勝手な思いです

失敗して行きたくないのは恥ずかしいからで、身勝手な思いです

誰しも失敗することってあると思います。でもそれがアルバイト先に迷惑をかけることだったり、損害を与えるものだったりすると、ひどく自己嫌悪に陥ります。

私が経験したアルバイト先での失敗はまさにそうで、お店に迷惑をかけてしまい、なおかつ損害を与えてしまいました。

それは大学生のころ、初めてしたアルバイトでのことです。入って一週間も経っていなかったでしょうか。仕事は覚えたてでまだたどたどしいながら、周りの方が優しいこともあり、私は張り切っていました。

そして閉店後の片付けの際、私は大きな失敗をおかしてしまったのです。

洗い上がった食器類を手分けして乾拭きし、棚に戻そうとしたとき、何故か私は一度に食器を運ぼうとしてしまいました。

今考えれば、なんてバカなことをしたのだろうと思います。一度に運ぶだなんて無理な話なんですから、何度かに分けて運ぶべきでした。

しかし、そのときはそんな考えにはちっとも至らず、私は大量の重ねたお皿を手にしてしまったのです。

おそらく三十枚はあったでしょうか。持ち上げようとした私は、一番下のお皿をきちんと支えられていなかったのでしょう。あっという間に積み上がったお皿はバランスを崩し、倒れました。

閉店後だったのが不幸中の幸い、お客さまに迷惑をかけることはありませんでした。そしてそのとき、私の近くには誰もいなかったおかげで、誰にも怪我をさせずに済みました。

しかし、被害を被ったのは大量のお皿です。三十枚はあったはずのお皿のうち、半分ほどが割れてしまいまったのです。

私は真っ青になりました。自分の不注意なから大変なことをしてしまった、と後悔しましたがもうどうすることもできません。

ですが、そんな私に店長は怪我の心配をしてくださったのです。周りの方々にも口々に心配されながら、申し訳なさでいっぱいでした。

翌日もシフトが入っており、行きたくない気持ちでいっぱいでしたが、ふと考えが変わりました。

失敗して行きたくないのは恥ずかしいからで、身勝手な思いです。ここで休んだり、辞めたりするのは簡単ですが、それは自分が楽になるだけでお店には損害しか残りません。

だったら今まで以上に慎重に仕事をしよう、そうすることで迷惑をかけた職場の方々に償おうことが誠意なのだと思います。

関連記事など

クマ

Copyright (c) 2016 みんなのバイトの失敗談 All rights reserved.