バイトに個人の私生活や私的を持ち出してはいけません

みんなのバイトの失敗談

HOME > バイトに個人の私生活や私的を持ち出してはいけません

バイトに個人の私生活や私的を持ち出してはいけません

さまざまな業種が存在しており、またそこに従事するスタッフにも色々な人がおります。一緒にいて楽しく出来る人や一緒に居たくない人もおります。

私が20歳の頃、居酒屋にて働き始めた時同僚に30代後半の女性が居ました。

彼女はシングルマザーで小学生の子供を育てている方でした。

昼はOLとして働き夜は居酒屋で働く頑張り屋な方だと思っていましたが、それは最初だけでした。

私がオーダーを取りに行って帰ってきた時でした。

彼女が椅子に座って居眠りをしていたのです。その日はお客さんも少なく私一人でも対応出来る状況でしたので、日頃の疲れが溜まってる彼女を起こさないまま居ました。

そして2時間程経つと彼女の退勤時間になったので彼女を起こしました。

すると「もうこんな時間なんだ。じゃあお先」と帰ってしまいました。普通であれば、寝ててゴメンとかありがとうとか一言あると思いますが、全く無かったのです。

そして翌日もまた彼女と一緒のシフトになりました。

この日は、他のスタッフと3人にて行っていましたが、また彼女は居眠りをしていました。

するとそのスタッフが「また寝てさぼってるよ」と言いました。私は「たまにあるの?」と聞くと「しょっちゅうある」と答えました。

それから彼女と同じシフトの度に寝ている姿を目撃したので、店長に言いました。「○○いつも寝てるんですけど・・」と。

しかし店長は「あの子大変だから大目に見てあげてよ」と言いました。たまに寝てる位ならまだ良いとしても毎回寝ているので次発見したら本人に言おうと思いました。

後日、彼女と同じシフトについていると案の定寝ました。私は優しく「仕事なんだから起きなよ」と言ううと彼女は豹変し、「うるさい。疲れてるんだから仕方ないでしょ」と言いました。

私は「疲れているのはあなたの勝手で、皆働いているじゃん」と言うと「あんたに私の何が解るの」と怒鳴られ彼女は帰って行きました。後日、彼女は店を辞めました。

店長からは、彼女は知り会いから紹介されて入った人だから俺も何も言えなかったと言っていました。

どんな職業においても仕事はお金を稼ぐ重要な事ですので、そこに個人の私生活や私的を持ち出してはいけません。お金を稼ぐとはそう言う物なのです。

彼女のような振る舞いをしていれば絶対痛い目に遭うだけです。私はこのことをバイトで学びました。

関連記事など

クマ

Copyright (c) 2016 みんなのバイトの失敗談 All rights reserved.