バイトでも仕事でも「ホウレンソウ」がとにかく大事です

みんなのバイトの失敗談

HOME > バイトでも仕事でも「ホウレンソウ」がとにかく大事です

バイトでも仕事でも「ホウレンソウ」がとにかく大事です

アルバイトという立場であっても、仕事には責任感をもって取り組まないといけません。

私は大学生の時、個人の歯科クリニックで歯科助手のアルバイトを3年ほどしていました。

週に2日、数時間という緩い働き方をしていましたし、周りはベテランの歯科助手、歯科衛生士の女性の方達ばかりで、正直わからないことや難しいことがあると頼ってばかりいました。

アルバイトをし始めたばかりのころは、歯科診療や治療のことに関しては知識がゼロだったのはもちろん、社会経験もなかったため、色々な失敗もしました。

特に、患者さんと対応する時の言葉遣いや電話対応など、社会人であれば当たり前のことも、いちいち緊張したり、後から「ああすればよかった。」とか後悔することばかりでした。

ある時、患者さんから「○月○日○時〜の予約を変更したい。」という電話がかかってきました。

まだ電話対応に慣れておらず、緊張しながらも予約ノートを見ながら、患者さん希望を聞いたり予約の空きを確認したりしながら、なんとか予約を取り直すことができ、電話を終えました。

正直テンパりながらだったため、電話を終えたとき、ふと「あ!最後に患者さんに予約日と時間の復唱をしなかった。もしかしたら、こちらでご案内した内容と患者さんとで勘違いしてしまっているかもしれない。」と大変不安になりました。

すぐ折り返してもよかったのですが、なんとなくそれも患者さんに対しても失礼かと思い、一人で悶々としていました。

悩んだ末、その予約日にシフトの入っているスタッフさんに事情を話し、「私のお電話での案内が不十分で、この予約時間に患者さんがこないかもしれません。。。」と正直に話し、当日もしものために対応をお願いしておきました。

よかったことに、患者さんはきちんと予約通りに来てくださり、事なきを得たのですが、このことで得た教訓は「ホウレンソウは大事だ。」ということでした。

特に外部の方と電話でやり取りする時には、復唱すること、日時や数字に関しては確実に伝えるように注意しなくてはいけないと痛感しました。

後々になって周りの人に迷惑をかけないよう、適時「ホウレンソウ」を心がけ、どんな仕事ことにも責任感をもって取り組まなくてはいけないと思います。

関連記事など

クマ

Copyright (c) 2016 みんなのバイトの失敗談 All rights reserved.