深夜に体を動かすバイトは予想以上にきついです

みんなのバイトの失敗談

HOME > 深夜に体を動かすバイトは予想以上にきついです

深夜に体を動かすバイトは予想以上にきついです

誰もがアルバイトなんて簡単にできるものばかりだろうと思われているでしょう。

事実、中には誰にでもできるような軽作業を中心としたバイトも存在していて、そういうものが高給だと思わず飛びついてしまいます。

私もそういうバイトで体力的に大変なことになるとなんて全く思いもよらなかったので、そのバイトを経験したのはある意味では良かったかもしれませんね。

私が大変な思いをしたなというバイトの失敗談は深夜のタクシー洗車のバイトでした。

夜間、終電後のサラリーマンを家まで送るタクシーは、少しでも客から目を引きやすいように洗車を何度もして少しでも小奇麗にしていくようにしています。

自分の手でやる方もいますが、そのバイト先はワンコインでわずか数分で洗車をやり遂げてしまうサービスだったので、割合人気も高くてそれゆえアルバイト時給も周辺の相場より高かったです。

深夜業ということもありましたが、それにしてもコンビニなどでいろいろと覚えなくてはならないのに加えると単純作業の繰り返しなので難しくないだろうと当たりをつけて働き始めました。

しかしそれは思い違いだったとまもなく気づくことになります。

深夜に働く経験は初めてではなかったですが、深夜にあそこまで体を動かさないといけないのは初めてで、予想以上に体力を奪われました。

翌日はほぼ一日寝ていないと体力が回復せず、非常に辛かったのに加えてそのバイト現場自体もハードでした。

覚えることは単調と言っても、更にそれを無理だと思えるような短いサイクルで繰り返さねばなりません。

共同作業だったので、少しでも自分のテンポを間違うと他のチームメンバーに迷惑をかける上に店の売上にも影響が出るほど回転率が下がってしまいます。

似たような店が他にもあるために集客に必死で、わずかにでも和を乱すと怒鳴られる職場環境は私にはきつすぎました。

もともとそれだけ覚悟して始めたわけではないので、数回怒鳴られるだけで心が折れて辞めることにしました。

関連記事など

クマ

Copyright (c) 2016 みんなのバイトの失敗談 All rights reserved.