失敗を隠さないことが大切です

みんなのバイトの失敗談

HOME > 失敗を隠さないことが大切です

失敗を隠さないことが大切です

私はコンビニでバイトをしていたのですが、発注業務まで担当することになっていました。

そんな中で、発注することを忘れた、間違ったものを発注していたという経験はありませんか?

私は1度だけそんな失敗をしたことがあります。アイスの発注だったのですが、夏の暑い時期に発注をすることを忘れていました。

もちろん、夏ですのでアイスは非常に売れていました。夕方など小学生がアイスを買いに来ることが多かったです。

私が失敗だったと思うのは、アイスの一番の売れ筋の発注をしていなかったこともあります。

売れ筋ですので、在庫もほとんどありませんでした。アイスだけでもかなり売れていたように思いますし、一番問題だったのは、その当時アイスの発注は毎日できるわけではなく、2日に1回しか発注ができませんでした。

そんな中で、アイスの発注を忘れたわけなので、店の売り上げにも大きく左右してしまうミスです。

その日は、アイスのことがすごく気になっていましたが、そういう日に限ってアイスのケースを見に行くお客さんが多かったように思います。(自分が注目してみていたからかもしれませんが。)

店長には自分のミスのことを伝えました。幸いなことに、一緒に働いていた店長が私のミスをカバーしてくれました。

「自分も依然したことがあるから大丈夫だよ。」とか「かえって少し売れていないアイスが売れることになるからいいかもよ。」など、ミスを責めることなく、むしろプラスになると思うという趣旨のことを言われました。

このことを受けて、私の気分はだいぶ楽にもなりましたし、次は絶対にミスをしないようにしようと思えるようになりました。

今は、まったく違う仕事に就いていますが、この時の経験を忘れることなく、同僚や部下が失敗したときには前向きになるような言葉がけをするようにしています。

それがどんなに大きな失敗であったとしてもそのような声をかけをするように心がけています。

ミスは誰にでもあることですので、それを恐れることなく、失敗したらそれを隠さないことも大切なことだと学んだ気がします。

関連記事など

クマ

Copyright (c) 2016 みんなのバイトの失敗談 All rights reserved.